ブラジルの梅干

1908年に笠戸丸がブラジルへの移民を乗せて日本を出港してから
去年で100年になったそうです

ブラジルに移民した日本人は、どれだけ故郷を恋しがったでしょうね

特に食べ物は、夢に見ることもあったでしょうし
日本人同士、けっして食べられない故郷の食べ物の話をして
ため息をついたりしたのでしょうか

これは「アゼジーニャ」という名前の、ハイビスカスの一種の植物だそうです
蕾か種のガクの部分を塩漬けにしたもので
塩漬けにしただけで、香りも味も梅干にとてもよく似ています
これを発見した移民の人達の驚きと喜びを想像してしまいますね

この漬物を昨日、近くのオッソブラジルの人に頂きました

彼らも「これだけあればご飯がたくさん食べられるよ」なんて言うのです

「子供の頃、運動会にコレが入ったおにぎりを食べたよ」

なぁんてことを言うので、コレを入れて塩むすびを作ってあげました

「なつかしいねぇ~」なんて言いながら食べていました

母の気分(^^)
e0147360_14524633.jpg


これは、店の屋上で育てている「アゼジーニャ」の写真
e0147360_14525587.jpg


収穫にはまだ少し待たないといけないそうです

上の出来上がりの漬物は、ブラジルから送ってもらったものらしいけど

今年は自家製が出来るのか!?

その頃には見せてもらいましょう
[PR]
by saigonmix | 2009-08-09 15:18 | saigonmix
<< 夏休みのお知らせ 暴君来店 >>